表彰盾の石井トロフィー

  1. 石井トロフィー TOP
  2. 社長の表彰や製品用語の解説

このたびは弊社サイトをご覧頂き、誠にありがとうございます

弊社は、ご覧のとおり表彰記念品や式典、イベント用のオリジナル品を主に作成販売させていただいてます。ほとんどの方は、普段はあまり接したり購入するこのない品種なので、いろいろと解りにくい事や用語がでてきます。私自信もいまだに理解が足りないこともありますので、このページでは、皆様方に少しでも解り易いように、表彰製品の説明や材質、加工について、ご説明させて頂きつつより勉強したいきたいと思い掲載を始めました。不完全な部分も多々ありますが、よろしければご覧ください。  (石井英造)

第1号 ホテル等の名札の裏の留め具の一長一短

両用ピンタイプ ホテル等の名札の裏の留め具は、一般的には「両用ピンタイプ」と呼ばれるものが最も使われてます。
このタイプは、安全ピンとワニ口クリップが一緒になったもので、衣服に安全ピンで固定しても、ポケットなどにクリップで挟んでも使え、なおかつコストが安いため、重宝されています。 しかし、このタイプのものは、一つ大きな欠点があります。
それは、金属製やアクリル製などの材質にかかわらず、大きな名札や細長い名札は、Yシャツ等の柔らかい布地の服に付けると、名札が前にたれ下がってしまうということです。
スーツなどの硬い布地の服ならそれはありませんが、柔らかい布地の服に付けた場合、名札が「おじぎ」をしてしまい、名札面が見えにくくなってしまいます。
そこで、それを避けるためにも、「安全ピンのみタイプ」「マグネットタイプ」「差し込み板式タイプ」などがありますが、どれも一長一短があり、これがベストというものは今のところなかなかありません。
現在弊社で主にご案内している留め具を、以下にご紹介します。下記以外の留め具でも、詳細をお知らせ頂ければ、対応致します。
留め具各種

  • 両用ピン 2種類の装着方法があり、クリップ式は装着が簡単で安全ピン式は衣服から外れにくい、コストが安い、金属と樹脂接着でやや壊れやすい、スーツ以外では「おじぎ」する、裏面がやや綺麗でない
  • 安全ピンのみ 衣服から外れにくい、最もコストが安い、裏面までとても綺麗、収納時にかさばらない、衣服に穴を開けることが必須、柔らかい服では「おじぎ」する、装着はやや面倒
  • マグネット シンプルで壊れにくい、全く「おじぎ」しない、裏面もシンプルで綺麗、上記2つに比べコストは高い、装着がやや面倒、磁石なので外れやすい
  • 差し込み板式 仲居さんなど着物でもOK、全く「おじぎ」しない、着脱が容易、壊れない、コストは最も高い、ポケットや帯がないとダメ、名札自体が大きくなる
差し込み板式とマグネットを組み合わせたもの 最新のものでは、差し込み板式とマグネットを組み合わせたものや、取り外しやすい両用ピンを一旦同じ樹脂系の塩ビ板に接着して、そちらを金属名札の裏に貼るタイプのものなどもあります。
ゆえに、名札の裏の留め具は、装着する方々の洋服の状態や装着する位置、使用場面などを考えて、最も適したものを選ぶことをお勧めします。
弊社では、例えば100個のご注文のうち、10個が「両用ピン」、20個が「マグネット式」、残りが「差し込み板式」などの混在にも対応致しますので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ

石井トロフィーは特注トロフィー、表彰盾、特注ネクタイピンなどの表彰記念品専門の会社です。
表彰専門だからこそ実現できる名入れご提案や価格・納期があります。
表彰記念品に関することは、お気軽になんなりとお問い合わせください。

ご希望の価格・納期・ロット数がある方はこちらをご覧ください。

柔軟な対応ができる理由

オーダーメイドに関してはこちらをご覧ください。

オリジナル品作成の流れ

特注品作成事例紹介

表彰に関する製品や部品、仕上げ方法の解説をいたします
特注トロフィーや表彰盾・表彰メダルの作成なら 東京荒川区のメーカー
石井トロフィーまでお問い合わせください。

東京TEL:03-3807-8541

東京FAX:03-3803-3842

営業時間:AM10:00−12:00/PM2:00-7:00(月〜金)
お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。

お問合せフォーム