▲TOP▲

表彰製品解説その3、盾におけるクリスタルとガラスの違いについて

表彰盾とオリジナルトロフィー

石井トロフィー

サイト内検索 電話をかける Emailで問い合わせる

表彰盾の石井トロフィー

  1. 石井トロフィー TOP
  2. 社長の表彰や製品用語の解説

このたびは弊社サイトをご覧頂き、誠にありがとうございます

第3号 クリスタルガラスとガラスの違いについて

クリスタルガラス クリスタル盾の名前の由来、それは表彰盾が「クリスタルガラス」で形づくられているということからです。
クリスタルとは本来、「水晶」のことを指しますが、クリスタルガラスはその名の通り、水晶のような透明感と輝きを持つ高級なガラスです。
一般的なガラス製品 私たちの生活に欠かせない素材であるガラス。建物の窓や飲料のビンなど、私たちの身近にあるガラス製品に一般的に使われているガラスのことは「青板ガラス」といいます。
この「青板ガラス」は、クリスタルガラスなどの高級ガラスと比較して安価ですが、透明度が低いという弱点があります。試しに、窓ガラスなどに使われるガラスの断面を見てみると、緑に近い青に見えるはず。何枚もガラスを重ねて見てもいいでしょう。どんどん青緑っぽい色になっていくのがわかると思います。
それに対してクリスタルガラスは、厚みがあっても透明なままです。クリスタル時計クリスタル盾の場合、厚みが数センチ以上になることもよくありますが、そんな厚みのあるデザインにしても、向こう側が綺麗に透けて見えます。
そしてクリスタルガラスのもう1つの特徴が、その屈折率の高さ。屈折率が高いから、輝きが美しく映えます。きらきらと光輝く様は、まさにクリスタルの名にふさわしいと感じられます。
ではなぜ、クリスタルガラスは普通のガラスよりこんなに綺麗なのでしょう? その秘密は、ガラスの製造工程に隠されています。一般的なガラスはケイ酸塩を主成分としていますが、クリスタルガラスは珪砂やカリウムなどの主成分に酸化鉛という鉛を加えて作ります。鉛の含まれる割合が高くなるほど透明度や屈折率も高くなるそうです。また、音も変わります。ワイングラスを指ではじいたときに普通のガラスと違って澄んだ音色がするのは、クリスタルガラスで出来ているからです。
鉛を加えてガラスを作るには高度な技術が必要であり、その分クリスタルガラスは普通のガラスに比べ高価になります。さらにクリスタルガラスは工業用などの目的でも使われており、鉛の含有量を増やして、放射線を遮蔽する能力を高めたガラスなども作られているそうです。近年では、環境への配慮から、鉛の代わりにチタンやバリウムの化合物を混ぜた「無鉛クリスタルガラス」も普及しています。
クリスタルガラス盾 そんなクリスタルガラスの美しい輝きを存分に味わえるクリスタル盾や、ダイヤモンドのようにカットを入れたクリスタル盾などを弊社では作成させて頂いております。
また、青板ガラスを使用した盾も、コストパフォーマンスを優先する場合にお勧めです。場面や納期、コストなどに応じて、最適なものをご紹介いたしますので、ぜひご相談ください。表彰記念品や贈り物、感謝の証として、ぜひご検討下さい。

表彰盾やクリスタルトロフィーのオーダーメイドなら
東京荒川区の老舗メーカー「石井トロフィー」へお任せください!

TEL:03-3807-8541

FAX:03-3803-3842

営業時間:10:00−19:00(月〜金)
ご不明点等ございましたら、お気軽にお問合せください。

お問い合わせフォームはこちら